山口シクロクロス 第3戦 深坂自然の森

2020年になり、新年最初のレースは山口シクロクロスにお邪魔させていただきました。亮平さんを通じてご招待頂き、前日はスクールを開催させて頂き、参加者の皆様と交流させてもらいました。僕は主に午後からのグラベルライド講習という名のオフロードライド教室を頑張ってさせてもらいました。皆様、だいたいがロードからオフロード系へという流れがあり、身体の使い方やバイクの使い方が大きく変わってくるのでそのあたりをわちゃわちゃとさせてもらいました。主催者様にも大変お世話になり、新しい出会いもたくさんいただき、とても楽しい山口遠征でした。

レース的には、今年から新たにお世話になるサンボルト様のウェアのデビュー戦。というか、お披露目会。新しいデザインにもなり、派手さがでましたが、ウェア自体の質も良く、お気に入りです。

話題の山口シクロクロスのコースですが、そりゃこれがシクロクロスかって話になるのもよくわかりますが、それでも既に5年も開催されているのであれば、事実上シクロクロス大会になりますね。笑)高低差はしょうがないとしても、もう少し、路面がスムーズになればとてもおもしろい唯一無二のシクロクロスコースになると思いました。いや、そりゃもちろん、今でも唯一無二のコースです。3.0Barも入れてシクロクロスのレースを走ったのは記憶にないです。オンロードの練習でもいれたくない量です。笑)それでも、パンクせず速く走るのにかなり意識して走れたのでいいトレーニングになりました。

あと、脛の腫瘍ですが、最近は色んな病院に行き、様子をみてますが、やはり1か月などの単位ではなく、3か月4か月で腫瘍が消えるかどうかという話のようです。雑にすれば痛みも出やすく、踏ん張りもきかない場面もあったりもしますが、また新たなバロメーターが身体にくっついてきたと思って、うまく付き合おうと思います。

さて、東洋フレームブログより転載します。

もう2週間前になりますが、主催者様に小森選手を通じてご招待頂き、山口シクロクロス第3戦深坂自然の森大会へ参加させて頂きました。小森亮平選手は普段はマトリックスパワータグのロードチームに所属していますが、シクロクロスやマウンテンバイクなどはチーム東洋フレームとして参加してもらっています。

レース前日は、午前午後とそれぞれスクールを開催して頂き、僕と小森選手は講師として参加させて頂きました。午前は「ツールド下関 完走応援プロジェクト 初心者講習会」。主にロードバイクメインで、自転車の乗り方の基礎を小森選手が中心になってスクールを進めさせてもらいました。僕は、「まさかこんな講習会だとは知らなかった!」とコマ無しになりたてほやほやの男の子が来てくれていたので、他の受講者様と同じ内容をやりつつ、自転車のバランスを覚えてもらうように一緒に講習を進めさせてもらいました。なんとなく、で乗れる自転車だからこそ、今回のような講習会をさせて頂く意味があったのではないかと思います。終始、スムーズに小森選手が行うので僕は参加者の皆様に交じって楽しませてもらいました。

Stop&Go練習

photo by Minagawa-san

コマ無しでもだいじょうぶ!

おさえてんで!

デモンストレーション

photo by Minagawa-san

午前終わり

photo by Minagawa-san

午後は「グラベルライド講習会」というキャッチフレーズのもと、ほぼシクロクロスコースではない特徴的な深坂自然の森のシクロクロスコースを使用させて頂いて、マウンテンバイクからシクロクロスのライドの基礎を僕がメインで講習させて頂きました。実力差もあったので、途中から2部に分けさせていただき、チャレンジングな深坂自然の森のコースを楽しませてもらいました。講習を行うにはぴったりのコースで、芝、砂利、土、木の根、段差、シケイン、全てありだったのでそれぞれの注意する点や心の持ちようなど小森選手と一緒にお伝えさせていただきました。

午前に引き続き、沢山の方にお集まり頂きました。

photo by Minagawa-san

キャンバーセクションの説明中

photo by Minagawa-san

グラベルの走り方

担ぎ方

スクール翌日はAJOCC公認のC1レース。試走時間とレース時間の間隔がほぼなく、おまけに試走時間になってから強雨となり、気温も低く、試走を1周だけ行い、暖かい恰好に着替えてレースに備えた。コースは尖った石や木の根がたくさんあり、空気圧を下げている場合でもなかったのでとりあえずリム打ちで機材を壊すことは避けたかったので空気圧は3Bar。雨で路面がぬかるみだしていたけど、技術の練習にもなるし、タイヤはシケインで。そして、本レースよりウェアのサプライヤー様がSUNVOLT様に変更となり、ウェアデザインも変更。新ウェアのデビュー戦でした。

スタートは特例措置?でC2と混合スタート。色々と考えたけど、C2の方には1周追いついて色々とコミュニケーション取らせてもらおうと考え、とりあえず自分のレースを行うことにした。僕自身、レースは全日本選手権以来で、12月から脛にできた筋膜炎の治療のため、レースからは遠ざかっていた。それでも、チームメイトの小森選手がいるので、彼に頑張ってもらう気満々でレーススタート。

小森選手を先頭にレースを進める

@etchantt55

スタートから現地若手選手と勢いよく走る小森選手の背中を見て安堵し、とりあえず久々の高負荷に身体を慣らした。小森選手が単独トップで3周ほどレースを進め、追いついたタイミングで次は僕が単独で前に出た。ペースを上げれる余裕ができたので、バイクを壊しきらない範囲でリスクを冒してペースを上げ、単独の展開へ。コースも雨で荒れだしたのでラインどりを変えつつ、ペースを刻んだ。途中、バイク交換を行い、気分を入れ替えてレースを進めた。ラスト3周は急に暗くなり始め、雨も強くなり、森林区間の視界が悪くて、木や石の位置を覚えてはいたものの、メカトラリスクを落とすためにペースを落とさざるを得なかった。それでも、大きなトラブルもなく、無事1位でレースを終え、2位には小森選手が入り、1,2フィニッシュとさせて頂いた。

下りセクション

@etchantt55

@etchantt55

数周パックで進めた。同じウェアの人がいて嬉しい。

@etchantt55

様子見て

@etchantt55

単独に持ち込み

@etchantt55

ペースアップして1位でゴール

@etchantt55

小森選手は2位でゴール 

@etchantt55

ほんわか表彰式

@etchantt55

僕自身は久々のレースで身体もまだ起き切らなかった中、順当に走れてよかった。コースがかなりリスキーだったけど、このコースで既に5回も開催されているとのことだったので、もうそれはある意味、シンボルだなと思った。マウンテンバイクの方がシクロクロスバイクより速いと言われるコースと予め主催者からお聞きしていたけれど、うーん、、、このコースの傾斜なら技術があればシクロクロスバイクの方が速いかなと思いましたよ!ご参考に!笑)

雨の中、楽しいレースでした

@etchantt55

2日間に渡り、参加させて頂いた山口シクロクロス大会でした。今回のように様々な技術や経験をお伝えさせて頂いたり、一緒にレースを走らせて頂くことは私たちにとっても、とても勉強になりました。ご参加頂いた皆様、そして主催者の皆様、どうもありがとうございました。また参加させて頂く日を楽しみにしています!!


YuTakenouchi

竹之内悠OfficilalWebSite

0コメント

  • 1000 / 1000